Asterisk on ひかり電話

ようやく固定電話として「ひかり電話」を引いた。
どうやらAsterisk(IP-PBXのオープンソース)をぶら下げることで外からひかり電話の発着信ができるらしい。つまりデータ専用SIMでも普通に電話ができる、ということになる。特に、Androidの場合はデフォルトの電話アプリで発着信ができるので余計なアプリも必要なく、ネイティブに電話ができる。もはや音声契約はいらないのでは。

  • レンタルで送られてきたひかり電話対応ルータはRT-400KI。PPPoEブリッジは対応しているものの、手元のヤマハRTX810を直接ONUからぶら下げたい。
  • AsteriskはRaspberry Piで。にいれたものの、ひかり電話へのPBXとしての登録と、また外に出るにはインターネットにつながる必要があるので、ふたつのサブネットにつながる必要あり。無線だと数日して安定しなくなるので、優先LANアダプタ推奨。
  • Asteriskのデフォルトゲートウェイは192.168.0.1に要変更。外からのREGISTRATION要求に対し折り返せなくなるので。
  • ポート番号はUDP 5060から変更推奨。他国からの要求ハンパない。乗っ取られると勝手に電話かけられるというインパクトの大きいリスクあり。

2017-01-13

 

 

Asterisk on ひかり電話”への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。