iMac Mid 2007 SSD換装

iMac 20inch (Mid 2007)

at2wnさん(@at2wn)が投稿した写真 –

10年越しiMacのHDDが壊れたらしく、全く起動しなかったのでこれを機にSSDに換装。そのほか使用したものは以下の通り。

Crucial CT275MX300SSD1

Mac自体がSATA IIまでしか対応していないのでややオーバースペックなものの手頃な価格で必要十分。元々250GByteの3.5inchだったのでほぼ同容量(275GByte)を選択。

CENTURY 裸族のインナー CRIN2535

3.5inchのHDDから2.5inchに置き換えるためのマウントが。マウントせずテープで止めてもいいけどまた開けるのも大変だし1000円しないのでちゃんとしておく。

 iFixit Heavy Duty Suction Cups (Pair)

最初にガラス面を外すのに必要。実売約2000円。今は他に使い道がないものの、そのうち何かの役に立つと信じて購入。

Transcend JM667QSU-2G

出荷時は時代的にもおおよそ1GByteしか搭載されてない。このご時世メモリは安く、重いWebも多いので増設は必須。最大6GByteだけどMacのSystem Busが800MHzなのでPC2-5300を2枚でデュアルチャネルで1.2倍の速度増を優先。SO-DIMMには動作周波数800MHzのPC2-6400もあるけど、このメモリ単体では動作しないらしい(1スロットはPC2-5300をさす必要あり)。

このあとの機種では温度センサーが純正HDDでないと対応せずファンがフル回転するという問題があるものの、Mid 2007はHDDにテープで貼り付け、外から物理的に測るセンサーなので純正でなくても影響なし。

メモリとSSDだけで、もはや10年前の機種でもMac OS X 10.11 (El Capitan) はストレスなしで動作する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。